標準化の推進
  • HOME
  • 標準化の推進

標準化の推進

MSTCは、わが国におけるTC184(オートメーションと統合)及びTC184/SC5(アーキテクチャ、通信とフレームワーク)並びにIEC/SB3(産業オートメーションシステム)の審議団体として国際標準化活動に積極的に参画し、活動の動向を把握するとともに、わが国の意見を提言することにより、国際標準化の推進に寄与しています。

 

概要

オートメーションに係わる標準化対象の範囲は広いため、多くの組織・団体が標準化活動に関連しています。その中でも中心となる組織は、International Organization for Standardization(ISO)とInternational Electrotechnical Commission(IEC)です。
ISOでは、オートメーション分野の標準化をTC184(TC:Technical Committee)が担当し、1983年の第1回TC184総会以来活動を続けています。

一方、IECではプログラマブルコントローラをはじめ、計測、制御、サーボ機器等、多くの分野でTCが設置され、それぞれの固有技術の標準化と共に、関連する自動化技術の標準化を進めています。

 

FA国際標準化に関するお問い合わせ・ご意見
std@mstc.or.jp

オートメーション分野の標準化

TC184の技術委員会が作成するオートメーション分野の規格は、産業製品の国際貿易を促進する動機になりうる反面、貿易上の障害にもなり得ます。このようなことからも規格作成のプロセスにおいて、わが国のリーダーシップの発揮と、そのための産業界からの規格作成への積極的な参画が必要です。


このTC184には、次のサブコミッティー(SC)が設置されています。
(1)SC1: 製造リソースの定義と制御
(2)SC2: ロボットとロボティックデバイス
(3)SC4: 産業データ
(4)SC5: アーキテクチャ、通信とフレームワーク

 

SC5には、次のような国内対策委員会(ワーキンググループ)が設置されており、それぞれがISO標準の原案の検討を行っています。
(1)WG4: FAソフトウェア環境
(2)WG6: アプリケーションサービスインターフェース
(3)WG7: 診断と保守のアプリケーション統合
(4)WG9: 生産システムの効率指標
(5)WG10: 生産システムの環境評価手法

平成23年度 戦略的国際標準化推進事業

財団法人製造科学技術センターは、ISO/TC184(オートメーションシステムとインテグレーション)/AG(諮問委員会)、SC5(アーキテクチャ、通信及びフレームワーク)及びIEC(国際電機標準会議)/SB3(産業オートメーション・システム)の国内審議団体として、産業オートメーション標準化推進委員会及び分野ごとの委員会を組織し、ISO/TC184総会やISO/TC184/SC5総会等の国際会議への参加、自動化システムのアプリケーション間のインターフェース規格であるISO20242シリーズ等の日本提案による国際規格の成立、新規分野における国際規格提案等の事業を実施しています。

 

以下の表は、現在原案作成中の国際標準の名称です。

 

WG

原案作成・検討しているISO国際標準

SC5/WG4

ISO 16300

Automation systems and integration --Use of ISO 16100 and its Extensions

SC5/WG6

ISO 20242

Industrial automation systems and integration-- Service interface for testing applications

SC5/WG7

ISO 18435

Industrial automation systems and integration-- Diagnostics, capability assement, and maintenance applications integration

SC5/WG9

ISO 22400

Automation systems and integration-- Key performance indicators (KPIs) for manufacturing operations management

SC5/WG10

ISO 20140

Automation systems and integration -- Evaluation of energy efficiency and other factors of environmental influence of manufacturing systems

 

生産ソフトウェアの機能プロファイル作成とマッチングのための辞書の整備に関する国際標準開発事業

製品の生産工場において、生産管理や制御等を行う生産ソフトウェアは、ボトムアップで積み重ねられたノウハウベースの努力で新しいものに更新されています。その際、従来使用されている生産ソフトウェアを改良・改善して、将来も使用していくためのソフトウェア部品化技術と検索用辞書が重要となります。そこで、ソフトウェア開発の効率化に資するため、改良・修正を軸とした日本流のボトムアップのソフトウェア開発に用いる生産ソフトウェアの辞書の具体化を図るとともに、ユースケースを規定した新しい国際標準を開発しています。

 

既存ソフトウェアの有効利用による開発効率化 既存ソフトウェアの有効利用による開発効率化