調査・研究開発

ものづくり技術戦略マップ

日本の製造業の競争力を支える中核技術であるものづくり技術について、今後必要となる技術課題とその出現時期を明らかにし、またそうした技術を実現するための方策を提案する「ものづくり技術戦略マップ」を策定しています。

 

概要

 

map_img01.jpg自動車、情報家電、ロボットなど日本経済の中核産業である製造業は国際的には激しい競争にさらされ、また地球環境問題や少子高齢化問題などの課題に対応していくことが迫られています。こうした製造業の競争力を支える中核技術がものづくり技術です。

 

MSTCでは、10~15年後の製造業にとって競争力を確保しつつ諸問題に対応するために必要なものづくりに関する技術課題とその出現時期を明らかにし、またそうした技術を実現するための方策を提案するため、平成18年度から「ものづくり技術戦略マップ」の策定を行っています。

 

ものづくり技術戦略ロードマップは、ものづくり立国を標榜するわが国が世界的な技術開発競争の中で勝ち残り輸出競争力を維持し続けるため、新しいコンセプトを創生し、独創的な技術開発を行い、製品化をするためのガイドラインとして、平成18~20年度の3ヶ年で策定し、平成21年度は、専門家及び企業の若手技術者によるレビューを行いました。平成22年度は、新たな戦略確立のためのアクティブな将来シナリオの検討を行い、構想設計及びサステナブル・マニュファクチャリング分野におけるテーマの研究発掘を行いました。

 

この成果は、経済産業省監修の技術戦略マップ(設計・製造・加工分野)に反映されています。

 

icon_opwin.gif 経済産業省 技術戦略マップ