Standard

各種ITツールの活用を保証するデータ基盤に関する
国際標準化

事業目的

ものづくり(生産過程)では、グループ企業内/企業間でのデジタルデータ利活用が活発に行われています。さらに今後は、ものづくりの下流領域を担う中小企業等へのデジタルデータの活用の拡がりが具体化すると予想されます。本事業では、下流領域で頻繁に利用されるVisualization System(Viewerとも言う)間のデータ交換や、あるデータが別のITツールに渡った後でも同一とみなせる精度を有しているかの検証(同一性検証)など幾つかの要素技術を国際標準として整備します。

概要

産業界“ものづくり”の課題

✓効率up
✓品質向上
✓コスト削減
✓時間短縮

情報のデジタル化

面図の3D-CAD化等、情報のデジタル化が進展
CADデータに部品情報等を登録し、部品設計・製造・保守の場面でCADデータを活用する動き

データ基盤の標準化

上流から下流まで、事業体間で“デジタルデータ(情報)”を流通/活用するための標準化が課題
ツール間でデータの同一性を検証するための規格を標準化

  • デジタルデータ(情報)の活用 デジタルデータ(情報)の活用
  • 産業データの同一性検証 産業データの同一性検証